Edgetensor Technologies Inc

主要製品説明

リアルタイム映像アプリケーションのクラウドベースのAI処理は、遅延・信頼性・プライバシーなどの問題があり、通信・保存・処理コストなど費用が高い。そのため拡張性に乏しく、また常時起動の状態には適していない。Edgetensorは、端末ベースのAIを手頃にし、マスマーケットで普及できるようにすることでAIに変革を起こすことをミッションに、異種端末上エッジコンピューティングのAIに革命をもたらしている。
当社は低消費電力の様々な端末にAIプラットフォームを提供しており、このプラットフォームはあらゆる既製のエッジデバイスや市販のカメラでもAIを動作可能にする。くわえて、クロスプラットフォーム(32/64 bit CPU (Intel/ARM), GPU, FPGA, ASIC & Custom CV/ML accelerators)であり、複数のオペレーティングシステムをサポートする最先端のSDKを搭載している。独自のデータ合成アプローチによるAIワークフローが展開時間と労力を大幅に削減する。その他、ランタイムモデルの採用、プラットフォームやOTAに基づく複数カメラのサポートなどの利点が挙げられる。

売り込みたい技術・製品

当社独自のハードウェアに依存しないニュートラル・インターフェース・エンジンは、ARM、Intel、GPU、カスタムハードウェアアクセラレータなど、様々なアーキテクチャで動作し、かつクロスプラットフォーム(Windows、Android、Linuxなど)に対応した当社のAIアプリケーションを作動させる。当社のアルゴリズムの革新によって、正確で迅速かつ効率的なAIソリューションを大幅にコスト削減しながら提供することが可能。当社のSDKが付加価値を提供できる用途は無限。現在は主に自動車・車両・保険向けの安全解決策、COVID-19パンデミック下での、ビジネスの安全な営業支援を含むセキュリティ上のビデオモニタリング、スマートシティアプリケーションや、屋外デジタル広告(DOOH)のスマートコンテンツ管理システムソリューションを提供している。

日本のビジネスパートナーに求める基準

当社の技術を物流分野に応用できる企業。
当社と協業できるAIテクノロジー関連の企業。
IoTソリューション・メーカー等

企業情報

企業名

Edgetensor Technologies Inc(エッジテンサー テクノロジーズ)

米国

主力事業

エッジAIプラットフォーム

設立年

2018年

代表者名

Rajesh Narasimha

所在地

5925 Forest Ln St 510 Dallas, TX 75230-2765