Ateios Systems

WEBサイト

https://ateios.com/

企業及びプロダクト概要

企業概要

2018年の開設以来、Ateiosの使命は、電池の生産量の増加、サプライ チェーンの管理、安全性の向上、サイズの縮小、および性能の向上に焦点を当てることにより、電池技術の分野における革新を加速することである。

日本企業に提示したいプロダクトのユースケース

何年にもわたって、独自の一連の優位性と革新的な性質および特性を備えた多くのバッテリー技術が出現してきた。新しいバッテリー技術には、バナジウムフロー電池、全固体電池、金ナノワイヤゲル電解質電池、リチウム硫黄電池などがあります。ただし、市場のニーズに対応するために、メーカーは構造を簡素化し、生産プロセスを改善する必要があり、材料の改良だけでは不十分である。従来の製造方法では、高分子バインダー(ポリフッ化ビニリデン(PVDF))を有機溶媒(N-メチル-2-ピロリドン(NMP))に溶かし、スラリー化する方法が採用されていた。しかし、残念ながら、溶剤を使用するプロセスは、電極の乾燥による高いエネルギー消費、大きな設備面積、低い生産速度、溶剤の回収が必須であり、結果として電池セルと電池プラントのコストが大きくなってしまう。他のオプションを考慮すると、電極の代替製造方法は、ポリマーの放射線硬化に基づいている。この方法は、エネルギーの節約、超高速コーティング (>500 m2/分)、および製造フットプリントを削減するためのよりコンパクトな装置における大きな利点のために、他の多くの分野で広く確立され、採用されています。

2つのPRポイント

ポイント①生産規模の拡大を補助するため、3社のバッテリー製造パートナーを確保
Ateios は、独自の電極を提供するバッテリー アセンブラーとのパートナーシップを通じて製品を拡大している。
ポイント②フォーチュン500企業と米国政府から 425,000ドル以上の収益(TTM)を確保
Ateiosは顧客のために革新的なバッテリーのアイデアを設計し、フィールドテストを行っている。

マッチングニーズ

■日本でのビジネスにおける展望
事務所開設の可能性を模索、日本企業との技術協力(研究開発)、日本企業との生産/ライセンス協力、各種企業との販売協力

■日本国内、海外でのビジネスの現状と基本戦略

日本の主要サプライヤーやセルメーカーと提携して、電極製造プロセスを拡大し、より安全で強力なバッテリーを実現したいと考えている。

■日本企業とのビジネス実績
現在、当社のバッテリーの原材料サプライヤー数社と協力している。

■マッチングしたい企業像

バッテリーの経験

企業情報

設立年​:2017年​
従業員数​:9人​
所在地​:米国
創業者名​:Rajan Kumar